[ページの先頭です] メインメニューへ コンテンツへ
メール:info@maxvision.biz
[コンテンツです]

MAXVISION

MAXVISIONは、学生の夢の実現を支援します。


イベント

自分をスムーズに表現するためのエントリーシート講座
(2004年2月21日(土)開催)

テストも終わり、そろそろ皆さん就職活動に本腰を入れようと忙しく動き回っているのではないでしょうか。さて、いざエントリーしようと思ったら、ESというものがあるじゃないか!?スペースは限られているし、どれをどう書こうかとお悩みの方へ、就職活動以降も役立つ思考法と表現法を教えます!

「インパクトのあるES」と「なんてことないES」。実は一目瞭然であることがほとんどなんです。

ESを見たことは無くても、本や人の論文に目を通して感じることはあるはずです。「インパクトのある文章」とそうでないものを。不思議とインパクトのあるものは記憶に残っていますよね?

もちろんESだって、記憶に残るものでなければ、読み飛ばされてしまいます。だからといって奇をてらっただけでは、「その人」は伝わりません。さらに、この人に会って話を聞いてみようと思われなければ、面接にこぎつきにくいんです。

じゃあ、「インパクトがあって」、「その人が伝わる」、そして、「会いたくなる」ESってなんだろう?今回MAXVISIONでは、実際に昨年就職活動を行い、みごと内定を獲得した先輩たちが、皆さんにESを上手に書ける方法だけでなく、今後も役立つ自分の表現法をこっそり教えちゃいます。イベント後にも時間を設けたいと思いますので、就職活動の裏話も聞けるかも・・・。

※その他、疑問にもお答えします。

イベント詳細

講師

胎中康幸氏(MAXVISIONブレーン NEC Webインテグレーション事業部所属)

略歴:2003年3月 関西学院大学 法学部法律学科卒
業務内容:SE職として、2003年4月NECに入社。現在の業務は、Webを用いたCRM(Customer Rerationship Management)実現のための顧客提案〜システム構築まで一貫して取り組む顧客対象は官公庁から民需まで幅広い紆余曲折の就職活動を経て、複数社から内定を獲得就職活動中より、関西にて就職活動支援イベント「内定獲得プロジェクト」の学生コアスタッフとして参画「楽しい社会人生活を送るために“楽しい就職活動”をしよう!」をモットーに、就職活動だけではなく、「なぜ働くのか?」を学生とともに考え続けている。

12/13イベント参加フォーム
こちらよりエントリーしてください。

このイベントに関するお問合せ

MAXVISION 担当/清水
Eメール: shimizu@maxvision.biz


Copyright © 2003 MAXVISION, All rights reserved.